己を知り、相手を知れば百戦危うからず

戦から生まれた座右の銘はたくあんあります。
特に、孫子を初めとする戦略家は数多くの格言、座右の銘を残しています。

その中でも有名なのがこれです。

己を知り、相手を知れば百戦危うからず

正式な孫子の兵法書では
「敵を知り、己れを知れば、百戦あやうからず。
敵を知らずして、己れを知れば、一勝一負す。
敵を知らず、己れを知らざれば、戦うごとに必ずあやうし。」

と記されています。
和訳をすると

「相手の事を知り、自分の事を知ることで決して負けることは無い。
相手の事を知らなくても自分の事を知れば引き分けることが出来る。
しかし、相手の事も自分の事も知らなければ必ず敗れる。」

これは現代社会にも立派に通じる言葉だと思います。
たった3行の文章。
これだけでも色々な状況下で考えさせられます。

意外に知らない人が多いとは思いますが、この文章の続きがあるんです。

戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。」(孫子の兵法書より引用)

「勝つということが最良ではない。戦わずして勝利することが最良なのだ」と最後は説いているのです。

結局のところ、戦う前に勝負をつける(準備)が何より良いということになります。
是非、某星条旗の大国にも見習って欲しいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3886510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック